炭酸パックの副作用

炭酸パックは炭酸ガスが肌に働きかけて、と書いてきました。
では、副作用などの心配はないのでしょうか。

急に注目されるようになったので、炭酸パックの副作用について心配する方もいらっしゃるかもしれません。

炭酸パックは、炭酸ガスを用いていますので、ぱちぱち、シュワシュワという刺激がイメージされると思います。
その刺激が気になる方、その刺激による副作用を心配される方もおられるのではないでしょうか。

炭酸ガス自体に副作用の心配はありません。

炭酸パックを使うと、肌が少し赤くなる方はいらっしゃいます。
ただ、これはパック終了後、もしくはパック中炭酸ガスが落ち着いたころには、引いていきます。
赤みが残ってしまうということはありません。

また、ピリピリとした刺激を感じるという方もいらっしゃいますが、 これも、炭酸パックを始めた最初だけで、すぐに収まっていきます。

ピリピリする感覚が苦手という方は、少し多くジェルを混ぜて先に炭酸ガスを発生させてから顔に乗せるなどの回避方法をとられてはいかがでしょうか。

また、ピリピリしない炭酸パックもありますので、そのような炭酸パックを選ぶのもひとつの方法です。

炭酸パックに限らないことですが、 肌が弱い、アレルギーの懸念があるなどで心配な方は、パッチテストを行うなどの事前準備をされた方がいいと思います。

使用成分の確認、トラブル時の対応などは他のコスメと同様です。
炭酸パックには、ノンケミカルの製品もあります。